コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレステロールヒドロキシラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

コレステロールヒドロキシラーゼ

 [EC1.14.13.17].コレステロールから胆汁酸を生合成する経路の酵素で経路の律速酵素.シトクロムP-450を本体とする酵素.NADPHとジオキシゲン(酸素,O2)を使ってNADPとH2Oを生成する.体内のコレステロールの量を調節する機能があるとされる.コレステロール自身によってこの酵素の転写は活性化される.この酵素の活性はリン酸化と脱リン酸によって制御されるとされている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

コレステロールヒドロキシラーゼの関連キーワードリポキシゲナーゼアルコールデヒドロゲナーゼ酵素番号フェノラーゼアミノ酸オキシダーゼアミンオキシダーゼトリプトファンオキシゲナーゼリンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)ルシフェラーゼアスコルビン酸オキシダーゼ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android