コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルコールデヒドロゲナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

アルコールデヒドロゲナーゼ

 アルコール脱水素酵素ともいう.[EC1.1.1.1](NAD),[EC1.1.1.2](NAD(P))がある.また,[EC1.1.1.71](NAD(P))(alcohol dehydrogenase (NAD(P)), retinal reductase) も知られている.亜鉛を含む酵素で,動物の肝臓に存在する.アルコールを酸化して,アルデヒドにする酵素.反応は可逆.[EC1.1.1.71]はレチナールを還元するレチナールレダクターゼで,これもアルコールデヒドロゲナーゼの一つ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルコールデヒドロゲナーゼ【alcohol dehydrogenase】

アルコール発酵の最終段階に関与する酵素で,次の可逆反応を触媒する。 CH3CHO+NADH+H⇄C2H5OH+NAD (NAD;ニコチン酸アミドアデニンジヌクレ  オチド)アルコール発酵を特に強力におこなうのは酵母であり,酵母からはこの酵素が結晶として得られている。分子量約15万で4個のサブユニットからなり,亜鉛を結合している。動物の肝臓にも多く存在し,人がアルコールを飲んだ時に肝臓でこの酵素の作用により(上の反応の逆反応で)アセトアルデヒドが生成し,この物質が悪酔いの原因といわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アルコールデヒドロゲナーゼの関連キーワード酵素番号亜鉛酵素酵母