コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロニー刺激因子 コロニーしげきいんしcolony stimulating factor; CSF

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロニー刺激因子
コロニーしげきいんし
colony stimulating factor; CSF

リンパ球以外の白血球系幹細胞を刺激して,成長を促進させる作用をもつ因子CSFは刺激する細胞種の違いにより,マクロファージ CSF,顆粒 (かりゅう) 球 CSF,顆粒球・マクロファージ CSF,マルチ CSFなどに分類される。免疫担当細胞を増殖・分化させる因子であるため,抗癌剤や放射線治療の副作用である顆粒球減少症などの治療薬として期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

コロニー刺激因子

 サイトカインの一つで,顆粒球,単球,マクロファージなどの増殖,分化を調節する.数種のサブクラスが知られている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

コロニー刺激因子の関連キーワードバイオジェネリック末梢血幹細胞移植ノイトロジンGCSF成長因子骨髄芽球グラン