コロニー刺激因子(読み)コロニーしげきいんし(英語表記)colony stimulating factor; CSF

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンパ球以外の白血球系幹細胞を刺激して,成長を促進させる作用をもつ因子CSFは刺激する細胞種の違いにより,マクロファージ CSF,顆粒 (かりゅう) 球 CSF,顆粒球・マクロファージ CSF,マルチ CSFなどに分類される。免疫担当細胞増殖分化させる因子であるため,抗癌剤や放射線治療の副作用である顆粒球減少症などの治療薬として期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android