コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンシャーンス Hendrik Conscience

1件 の用語解説(コンシャーンスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンシャーンス【Hendrik Conscience】

1812‐83
ベルギー(フランドル)の小説家。アントワープの港務所次長の息子として同地に生まれる。はじめフランス語で詩を書いたが,やがて郷土への愛情からフランドル語で作品を発表した。1566年のカルバン派民衆による〈聖像破壊〉を描いた処女作《驚異の年》(1837),《フランドルの獅子》(1838),《農民戦争》(1853)など,圧政者に対する先人の抵抗とその栄誉をたたえた叙事詩的な歴史小説でフランドル・ロマン主義第一人者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコンシャーンスの言及

【ベルギー】より

…その先駆はド・コステルCharles De Coster(1827‐79)(《オイレンシュピーゲルの伝説と冒険》)で,1881年から《若きベルギーJeune Belgique》誌によったベルハーレン,ロデンバック,メーテルリンクなどが,象徴主義の画家たちとも交流して,その全盛時代を築いた。フラマン語では,コンシャーンスHendrik Conscience(1812‐83)が,歴史小説《フランドルの獅子》(1838)でフラマン民族の覚醒を促し,ヘゼレも抒情詩で名高い。このほかベルギーの生んだ文化人としては,シムノン(文学),C.フランク(作曲),ピレンヌ(歴史学),ケトレ(統計学),メルシエ枢機卿(カトリック哲学),ミショー(文学,絵画)が著名で,自然科学の分野では,ボルデ(細菌学),ヘイマンス(生理学)の2人のノーベル賞受賞者を出した。…

【ベルギー】より

…その先駆はド・コステルCharles De Coster(1827‐79)(《オイレンシュピーゲルの伝説と冒険》)で,1881年から《若きベルギーJeune Belgique》誌によったベルハーレン,ロデンバック,メーテルリンクなどが,象徴主義の画家たちとも交流して,その全盛時代を築いた。フラマン語では,コンシャーンスHendrik Conscience(1812‐83)が,歴史小説《フランドルの獅子》(1838)でフラマン民族の覚醒を促し,ヘゼレも抒情詩で名高い。このほかベルギーの生んだ文化人としては,シムノン(文学),C.フランク(作曲),ピレンヌ(歴史学),ケトレ(統計学),メルシエ枢機卿(カトリック哲学),ミショー(文学,絵画)が著名で,自然科学の分野では,ボルデ(細菌学),ヘイマンス(生理学)の2人のノーベル賞受賞者を出した。…

※「コンシャーンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コンシャーンスの関連キーワード赤尾丹治ゴンチャロフティチングピールボロジノ洪景来の乱シュレーゲル(兄弟)ボロジノの戦い「テロとの戦争」小選挙区制

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone