コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス6世 コンスタンチヌスろくせいConstantinus VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス6世
コンスタンチヌスろくせい
Constantinus VI

[生]770
[没]797
ビザンチン皇帝 (在位 780~797) 。父レオ4世の死後,母イレネ摂政下 10歳で即位。 787年 10月 23日第2ニカイア公会議の最終会議で聖像崇拝を認めることを決議した。成長するに従い摂政の母と反目みずからの再婚問題で軍と教会勢力の支持を失い,母の命令により両眼をえぐられて退位

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンスタンチヌス6世の関連キーワードテオドロス[ストゥディオス]イサウリア朝レオ4世在位

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android