コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス6世 コンスタンチヌスろくせいConstantinus VI

1件 の用語解説(コンスタンチヌス6世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス6世
コンスタンチヌスろくせい
Constantinus VI

[生]770
[没]797
ビザンチン皇帝 (在位 780~797) 。父レオ4世の死後,母イレネの摂政下 10歳で即位。 787年 10月 23日第2ニカイア公会議の最終会議で聖像崇拝を認めることを決議した。成長するに従い摂政の母と反目,みずからの再婚問題で軍と教会勢力の支持を失い,母の命令により両眼をえぐられて退位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンチヌス6世の関連キーワード宝亀新田真士イサウリア朝続日本紀と皇甫東朝女帝平王孝謙天皇藤原良継孝謙天皇光仁天皇

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone