コンスタンチヌス6世(読み)コンスタンチヌスろくせい(英語表記)Constantinus VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コンスタンチヌス6世」の解説

コンスタンチヌス6世
コンスタンチヌスろくせい
Constantinus VI

[生]770
[没]797
ビザンチン皇帝 (在位 780~797) 。父レオ4世の死後,母イレネ摂政下 10歳で即位。 787年 10月 23日第2ニカイア公会議の最終会議で聖像崇拝を認めることを決議した。成長するに従い摂政の母と反目,みずからの再婚問題でと教会勢力の支持を失い,母の命令により両眼をえぐられて退位

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android