コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンバイン・ペインティング コンバイン・ペインティング combine painting

1件 の用語解説(コンバイン・ペインティングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンバイン・ペインティング
コンバイン・ペインティング
combine painting

1950年代初頭に R.ラウシェンバーグが行なった手法。彼は描かれたカンバスに,日常品などのオブジェ,写真やさまざまなグラフィックイメージを結合 (コンバイン) した。アッサンブラージュとの明確な区別はなく,ときにそこに含まれて考えられ,K.シュビッタースや総合的キュビズムからの発展と見られるが,ラウシェンバーグには M.デュシャンレディーメードと,特に J.ケージの非芸術の思想の影響が濃く流れ込んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコンバイン・ペインティングの言及

【ラウシェンバーグ】より

…アカデミー・ジュリアン(パリ,1947)やアート・スチューデンツ・リーグ(1949)などで学び,ケージ,アルバース,カントールMorris Kantorらと知り合う。1950年代末,コカ・コーラの瓶や剝製や看板など,都市生活の廃物を使った作品を発表し,ネオ・ダダと揶揄(やゆ)されたが,抽象表現主義風の激しい筆触と〈物体〉とを同存させた〈コンバイン・ペインティングcombine painting〉には,現実の日常世界の躍動があふれている。やがてシルクスクリーンによって《ライフ》誌などの写真をキャンバスに転写したり,自ら独特のダンスを踊ったり,テクノロジーを使った大イベントを実現したりして,活動の範囲はきわめて広くなり,70年代には布による構成を試み,その多様な変転によって〈戦後美術のピカソ〉とも呼ばれている。…

※「コンバイン・ペインティング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンバイン・ペインティングの関連キーワードモノグラムラウシェンバーグローゼンバーグ事件チェンバーハンバーグブラックチェンバーシェーンズバーグストーンバーグ炭焼ハンバーグ くにハンバーグマのグーグー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone