コンポジット推進剤(読み)コンポジットすいしんざい

デジタル大辞泉の解説

ロケットの固体推進剤の一種。酸素を含む酸化剤と燃料となる炭化水素高分子を混合して硬化させたもの。酸化剤として過塩素酸アンモニウム過マンガン酸カリウム、燃料としてポリウレタンポリブタジエン合成ゴムなどが用いられる。燃焼が安定で、加工も容易という利点があるが、酸化剤が塩素化合物の場合、発癌性をもつ有害物質が生成されるため、代替物の開発が進められている。コンポジット推進薬混合推進薬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android