コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンポジット推進剤 コンポジットすいしんざい

百科事典マイペディアの解説

コンポジット推進剤【コンポジットすいしんざい】

固体ロケット推進剤の一種で,混成系推薬ともいう。酸化剤としての過塩素酸アンモニウム粉末と,燃料としての金属粉末(主としてアルミニウム)を塊にまとめあげ,かつ燃料としての性質をもつ粘結剤(ポリブタジエンなど)を混合して成形したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンポジット‐すいしんざい【コンポジット推進剤】

ロケットの固体推進剤の一種。酸素を含む酸化剤と燃料となる炭化水素高分子を混合して硬化させたもの。酸化剤として過塩素酸アンモニウム過マンガン酸カリウム、燃料としてポリウレタンポリブタジエン合成ゴムなどが用いられる。燃焼が安定で、加工も容易という利点があるが、酸化剤が塩素化合物の場合、発癌性をもつ有害物質が生成されるため、代替物の開発が進められている。コンポジット推進薬混合推進薬

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android