コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンラディン コンラディンKonradin; Corradino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンラディン
Konradin; Corradino

[生]1252.3.25. ラントスフート近郊ウォルフシュタイン
[没]1268.10.29. ナポリ
シュワーベン公。神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の孫で,ドイツ王コンラート4世の子。フリードリヒ2世の庶子で,コンラディンの叔父にあたるマンフレートがシチリア王に即位したが,1265年教皇クレメンス4世アンジュー家のシャルル (シチリア王としてはシャルル1世 ) をシチリア王に封じたため,2人の間に戦いが行われ,マンフレートは殺された。そのため 67年皇帝派 (ギベリーニ) の要請を受けてイタリアに遠征,シャルルからシチリア王位を奪回しようと企てたが,タリアコッツォの戦いで敗れ,教皇派 (グェルフィ) に捕われて,シャルルの手によりナポリで斬首された。ホーエンシュタウフェン朝最後の人物である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンラディンの関連キーワード成瀬誠

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンラディンの関連情報