コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コージンツェフ コージンツェフ Kozintsev, Grigorii Mikhailovich

2件 の用語解説(コージンツェフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コージンツェフ
コージンツェフ
Kozintsev, Grigorii Mikhailovich

[生]1905.3.22. キエフ
[没]1973.5.11. モスクワ
ソ連の映画監督,舞台演出家。 L.トラウベルグと組んで,1920年代の実験的演劇・映画活動から 30年代の社会主義リアリズムへ転換,ソ連の代表的映画監督となった。シェークスピアの演出家としても著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コージンツェフ
こーじんつぇふ
Григорий Михайлович Козинцев Grigoriy Mihaylovich Kozintsev
(1905―1973)

ロシアの映画監督、舞台演出家。ウクライナのキエフ生まれ。レニングラード(サンクト・ペテルブルグ)の美術学校に学び、1921年レオニード・トラウベルグ(1902―1990)らと「エクセントリック俳優工房」を結成、前衛的演劇・映画の創作活動を開始した。1930年代には、社会主義リアリズムの代表作「マクシム三部作」で名声を得、第二次世界大戦後はシェークスピア戯曲の映画化で国際的に高く評価された。作品に『マクシムの青春』(1935、共同監督)、『ハムレット』(1964)、『リア王』(1970)ほか。[岩本憲児]

資料 監督作品一覧

マクシムの青春[レオニード・トラウベルグとの共同監督] Yunost Maksima(1935)
先駆者の道 Pirogov(1947)
ドン・キホーテ Don Kikhot(1957)
ハムレット Gamlet(1964)
リア王 Korol Lir(1970)
『リュダ&ジャン・シュニッツェル、マルセル・マルタン編、岩本憲児他訳『回想のロシア・アヴァンギャルド――インタヴュー・ソヴィエト映画を築いた人々』(1987・新時代社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コージンツェフの関連キーワードキエフキエフ公国蒔絵筆蒔絵粉キエフペチェールスカヤ大修道院キエフテレビタワーキエフ・バレエ団キエフ国家キエフ大公キエフ・ルーシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone