コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールローン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールローン

日本的呼び名で,コール (短期資金) を貸手 (出し手) 側からみたもの。逆にこれを借手 (取り手) の側からはコールマネーというが,いずれも日本的慣習で,イギリスではこのような短期貸しを money at callという。 (→コール市場 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

投資信託の用語集の解説

コールローン


短期市場における資金の貸し手側から見た運用資金のこと。極めて短期(通常1日)の資金をやりとりするコール市場において、資金の貸し借りが行われるが、その際の貸し手側から見たお金をコールローンといい、借り手側から見るお金をコールマネーという。投資信託の場合、短期の資金運用としてコールローンが活用される。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

コールローン【call loan】

コール資金を貸し手の側からいう場合の名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コールローンの関連キーワードキャッシュポジションコール(金融用語)コール・レート臨時金利調整法資金ポジションコール・レートコール・ローン公社債投資信託コール・マネーインカムゲイン農林中央金庫コールレート国際資本移動純資産総額支払準備率支払準備金運用資産収益資産資金偏在在外資金

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コールローンの関連情報