コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴズラン Gozlan, Léon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴズラン
Gozlan, Léon

[生]1803
[没]1866
フランスの小説家,劇作家。バルザックの秘書。小説『シャンティーイの公証人』 Le Notaire de Chantilly (1836) ,バルザックの日常を独特の機知あふれる文体で活写した2部作,『部屋着のバルザック』 Balzac en pantoufles (56) ,『自宅のバルザック』 Balzac chez lui (62) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴズランの関連キーワードプロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争若宮丸漂流民ギュツラフドゥーフ日道白粒岩延命院日道ニューフランス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android