コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴム植物 ゴムショクブツ

3件 の用語解説(ゴム植物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴム‐しょくぶつ【ゴム植物】

ゴム質の乳液を分泌する植物。分泌液から弾性ゴムを作る。パラゴムノキインドゴムノキグッタペルカノキなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゴムしょくぶつ【ゴム植物】

切り口から分泌される樹液にゴム質を含む植物の総称。天然ゴム採取に利用されるパラゴムノキ、日本では観葉植物のインドゴムノキ、糊のりの原料とするアラビアゴムノキなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴム植物
ごむしょくぶつ

切り口から乳状の樹液(ラテックス)が出る植物は、その中に自然のゴム資源となる物質が含まれており、それらはすべてゴム植物ということができる。ゴム植物は全世界で400種以上知られているが、実際にゴム生産に用いられているのはごく限られた種類である。もっとも多くゴム生産が行われているのはトウダイグサ科パラゴムノキで、現在もマレーシアなど熱帯地域に広く栽培されている。アカテツ科ガタパーチャからは海底電線被覆用のゴムが、第二次世界大戦中のアメリカではキク科植物であるグアユールParthenium argentatumから積極的にゴム生産が行われたという。また日本で観葉植物として鉢物によく利用されているクワ科のインドゴムノキからは硬く弾性の強いゴムが、キョウチクトウ科のタイワンゴムカッラFuntumia elasticaからはもっとも良質のゴムが得られる。ゴム植物として利用されている植物のラテックスに含有されている炭化水素関連化合物のうちの大部分はポリマー(重合体)である。[近藤典生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴム植物の関連キーワード外分泌内分泌分泌組織乳管粘液腺粘毛分泌液胃底腺唾液分泌分泌顆粒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone