コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンベルビル Marin Le Roy de Gomberville

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンベルビル【Marin Le Roy de Gomberville】

1600‐74
フランスの小説家。アカデミー・フランセーズの創立会員の一人で,洗練された文体の美しさで知られる。《歴史功罪論》(1620)のあと,鍵小説の代表作の一つである《カリテ》(1621),次いで1629年に《ポレクサンドル》を著し,45年まで6版を重ねてこの大作の補筆修正をつづけた。続編にあたる《若きアルシディアーヌ》(1651)は未完に終わる。波乱万丈の筋が構成する長編恋愛小説の作家として,デュルフェスキュデリー嬢,ラ・キャルプルネードらとならび,17世紀フランスの社交界とくに婦人の間で,熱狂的に愛読された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ゴンベルビルの関連キーワードジェレミー ウォリナーマイケル ジョンソンアンジェロ テイラー佐渡国ラショーン メリット0 SIM陸上リレール・ナン[兄弟]石田正澄大谷吉継

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android