コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーダ ゴーダGouda

翻訳|Gouda

6件 の用語解説(ゴーダの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴーダ(Gouda)

オランダ南西部、ゾイトホラント州の都市。世界的に有名なゴーダチーズの産地として知られる。15世紀頃から続く、パイプキャンドルの工房が残っている。ホウダ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ゴーダ

オランダの南ホラント州のゴーダで生産されるチーズ。形は円盤型。ハードタイプ。オランダの代表的チーズのひとつ。製造の歴史は長く、12、3世紀頃から生産されているとされる。原綴《Gouda》。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴーダ【Gouda】

オランダ南西部,南ホラント州の都市。オランダ語読みはハウダ。ゴーダ・チーズで知られる。人口5万9170(1981)。ホラント・アイセル,ハウェGouwe両河の合流点に発達した都市で,市内には運河と掘割が多い。運河網と鉄道の結節点で,古くから商業が栄え,また家畜,チーズ市場が発達した。市の歴史は古く,1272年ホラント伯フローリス5世から都市法を与えられ,16世紀初め人口は2万に達し,商業,ビール醸造,毛織物業が繁栄したが,17世紀にしだいに衰え,代わって陶製パイプ製造業が興った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゴーダ【Gouda】

オランダ、ゴーダ地方原産のチーズ。硬質で風味にくせがない。プロセス-チーズの原料にも多く用いられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーダ
ゴーダ

ハウダ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴーダ
ごーだ
Gouda

オランダ南西部、ゾイト・ホラント州東部の都市ホウダの英語名。ゴーダチーズの生産で知られる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴーダの関連情報