コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールデン・ゲート ゴールデンゲート

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴールデン・ゲート
ごーるでんげーと
Golden Gate

アメリカ合衆国、カリフォルニア州のサンフランシスコ湾と太平洋を結ぶ海峡。長さ8キロメートル、幅3キロメートル、水深100メートル以上。この名はゴールド・ラッシュ時代についたもので、日本では「金門海峡」と訳されている。現在は合衆国海運の重要な玄関口となっている。1937年に建設された鋼ケーブルの吊橋(つりばし)、ゴールデン・ゲート橋は当地の観光名所の一つである。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴールデン・ゲートの関連キーワードベスレヘム(南アフリカ共和国)フィッシャーマンズワーフライオンズゲートブリッジサンフランシスコ美術館ベラザノ・ナローズ橋エリック スティールゴールデン・ゲート橋世界のおもな水族館ラモーナ ディアスデ・ヤング美術館ゴールデンゲートニール ショーンツインピークスロス バロリーミュアウッズサウサリートベスレヘム万国博覧会橋(はし)自由の女神

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android