コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイクラミン酸ナトリウム

2件 の用語解説(サイクラミン酸ナトリウムの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

サイクラミン酸ナトリウム

 C6H13NO3S (mw179.24).

 シクラミン酸ナトリウムともいう.サイクラミン酸(シクラミン酸)の塩の一つで,砂糖の30倍の甘さをもつ人工甘味料.1969年,ラット膀胱がんを発生させることがわかり使用が禁止された.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイクラミン酸ナトリウム
さいくらみんさんなとりうむ
sodium cyclohexylsulfamate

シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウム、通称チクロともいう。1939年アメリカイリノイ大学のスベーダMichael Sveda(1912―99)によって発見された化合物。甘味料として用いることができるとされたのは1944年で、日本では56年(昭和31)に食品添加物として指定された。甘味度は砂糖の40~50倍。味が砂糖に近く穏やかであるため一時各国で使用が許された。その後、64年に日本でマウスでの胎児の発育阻害が発表され、また68年にアメリカでは催奇形性の危険があるという発表があり、使用が禁止された。日本でも69年の11月から使用が禁止された。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサイクラミン酸ナトリウムの言及

【チクロ】より

シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウムsodium cyclohexylsulfamateあるいはサイクラミン酸ナトリウムsodium cyclamateとも呼ばれる。合成甘味料の一種で,ショ糖の約30倍の甘みをもつ。…

※「サイクラミン酸ナトリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サイクラミン酸ナトリウムの関連キーワードカラット24ディーガラクトサミン24時間思い出し法24時間尿中ナトリウム排泄量大森照子モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調/piano and orchestra(concerto)ショパン:24のプレリュード(前奏曲)/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone