サイコメトリー(英語表記)psychometry

翻訳|psychometry

デジタル大辞泉の解説

サイコメトリー(psychometry)

計量心理学。心理学に統計学的手法を取り入れた学問。
サイコメトリックス。
科学的に証明されていない超能力の一種。物体に触れることにより、そこに残された人の記憶を読み取る能力・現象。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

サイコメトリー【psychometry】

時計や写真など特定の人物の所有物に触れて,そこから所有者に関する情報を読み取る心霊的な行為。アメリカの科学者ブキャナンJ.R.Buchanan(1814‐99)が提唱した用語で,ある実験によれば男性の10人に1人,女性の4人に1人がこの能力を持つという。この能力は透視の一種とされ,かつて存在した人間の記憶がにおいと同様に周囲の事物に残るとする超心理学的仮説に依拠している。ESPカードによる透視能力実験などはこの応用であり,近年ではサイコメトリーを用いて犯罪現場の遺留品から犯人や被害者の行方を探る試みも,英米で行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android