サイト

ASCII.jpデジタル用語辞典「サイト」の解説

サイト

英語で「敷地」「場所」の意味インターネットで情報が保管されているサーバーや、LANなどネットワーク単位を指して用いられる。Webサイトは、複数Webページのまとまりのこと。通常、サイトを構成するWebページは共通のドメイン内にあり、トップページ(ホームページ)からリンクされている。企業が商品やブランドを紹介するために、自ら立ち上げたWebサイトを公式サイトという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本「サイト」の解説

サイト

本来は「場所」の意味で、インターネット上で情報やデータのある場所、つまりサーバーを指します(複数の場合も)。一番ポピュラーなのが「ウェブサイト」。企業や個人が作ったひとまとまりのウェブページのことです。日本で一般に「ホームページ」と呼ばれているのは、実はウェブサイトのことなのです。
⇨サーバー、トップページ、ホームページ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

精選版 日本国語大辞典「サイト」の解説

サイト

〘名〙 (site)
用地。敷地。多く他の語と複合して用いられる。「キャンプサイト」「レーダーサイト」など。〔現代大辞典(1922)〕
② インターネットで、特定の情報を公開しているコンピュータ、またはコンピュータを含むシステム全体のある場所をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「サイト」の解説

サイト(site)

敷地。用地。「キャンプサイト
インターネット上で、特定の情報を提供するサーバーのこと。
《「ウェブサイト」の》インターネット上で、さまざまな情報を提供するページやその集合。ホームページ。「友人が作ったサイトを訪問する」

サイト(sight)

手形などの決済期限。一覧払い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「サイト」の解説

サイト

ウェブ」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内のサイトの言及

【左義長】より

…トンドもホッケンギョウも,左義長のはやしことばに由来する。東日本では道祖神祭になり,サイトウ,サイトヤキなどとサイト系統の語で呼ぶ。室町時代の宮中の左義長も同じ行事で,1月15日に青竹を束ねて立て,書初めや扇を付けて焼いた。…

※「サイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android