サカリヤ川(読み)さかりやがわ(英語表記)Sakarya

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サカリヤ川
さかりやがわ
Sakarya

トルコ、小アジア半島北西部の川。ヤズルカヤ高原に源を発し、北、東、北、西、北と複雑に流路を変えながら、黒海に流出する。全長480キロメートル。支流にポルスク川、アンカラ川などがある。流域一帯で灌漑(かんがい)用水に利用されるが、下流域ではときに洪水の被害をもたらす。中流には1956年につくられたトルコで最初の本格的なダム式発電所、サルヤル発電所がある。また、中流域には、第一次世界大戦後、ケマル・アタチュルクのトルコ人民軍がギリシア軍を撃破したサカリヤの戦いの古戦場がある。古代にはサンガリウスSangariusとよばれていた。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android