コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバ州立モスク サバシュウリツモスク

デジタル大辞泉の解説

サバ‐しゅうりつモスク〔‐シウリツ‐〕【サバ州立モスク】

Sabah State Mosque》マレーシア、ボルネオ島北東部、サバ州の都市コタキナバルの市街南部センブラン地区にあるイスラム寺院。1974年に建造。金で装飾された大ドームと16個の小ドーム、および高さ65メートルの尖塔(ミナレット)からなり、5000人を収容可能。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サバしゅうりつモスク【サバ州立モスク】

マレーシアのボルネオ島東部、サバ州の州都コタキナバルにある州立のイスラム寺院(モスク)。5000人のイスラム信者が入場できる巨大なモスクで、1億7千万ドル以上をかけて、1977年に完成した。高さ65.5mの光塔と16の金色のドームが取り囲んでいる。イスラム教徒以外は礼拝堂への入場はできない。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android