コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サブミリ波 サブミリはsubmillimeter wave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サブミリ波
サブミリは
submillimeter wave

サブミリメートル波,準ミリ波デシミリメートル波ともいう。波長 0.1~1mm,周波数 300~3000GHzの範囲の電磁波で,遠赤外線の一部でもある。国際電気通信連合 ITUによる電波帯の 12番で最高の周波数帯である。広帯域通信などの用途が考えられるが,減衰が多いなどの難点もある。遠赤外レーザーとして半導体レーザー,光パラメトリック発振器,2光子混合,ラマンレーザーなどにより発振できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サブミリ‐は【サブミリ波】

submillimetric wave波長が0.1~1ミリ程度で、周波数300~3000ギガヘルツの電波。レーダーや電波望遠鏡に利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サブミリ波の関連キーワードアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計アメリカ国立電波天文台ハーシェル宇宙望遠鏡マウナ・ケア天文台群スペーステレスコープ事象の地平線望遠鏡サブミリメートル波Planckアルマ望遠鏡赤外線天文学テラヘルツ波電波天文学国立天文台マイクロ波宇宙電波プランクALMA星間分子ミリ波分子雲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android