サボンリンナ(英語表記)Savonlinna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サボンリンナ
Savonlinna

フィンランド南部,ミッケリ県の都市。県都ミッケリの東方 88km,サイマー湖群の湖を結ぶ島の湖岸に位置する。造船,製材,合板工場がある。付近の小島にあるオラブ城 (1475) は,1812年までロシア=スウェーデン戦争の戦略上の要地で,フィンランドにおける最も美しい史跡。人口2万 8559 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サボンリンナ(Savonlinna)

フィンランド南東部の湖水地方にある観光保養地。大サイマー湖水系の中心にあり、古くから湖上交通の要衝として発展。スウェーデン統治時代の1475年に、対ロシアの防衛目的で建設されたオラビ城があり、世界的に有名なオペラフェスティバルが夏に催されることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サボンリンナ
さぼんりんな
Savonlinna

フィンランド南東部にある都市。サイマー湖水系の中心にあり、東部フィンランド最古の都市である。人口2万8102(1999)。1475年に対ロシアの軍事目的で建設された城を中心に、水上交通の要衝として商業が発達した。オラフ城とよばれるこの城は、湖水地方観光の中心であり、夏の間にぎわう。[塚田秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android