サムシング(英語表記)something

翻訳|something

デジタル大辞泉プラスの解説

サムシング

イギリスのロック・バンド、ビートルズの曲。12枚目のアルバム「アビー・ロード」(1969年)に収録されたジョージ・ハリスンによる作品。同年に「カム・トゥゲザー」と両A面で21枚目のシングルとしてリリースされ、ジョージの曲が初めてシングルのA面を飾った。全米第1位・全英第4位を獲得。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第278位。原題《Something》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

サムシング【something】

何か。ある物。ある事。 「この小説は読者の心を動かす-に欠けている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サムシング

〘名〙 (something) (具体的には言い表わせない)何かあるもの。なにか。多く、よい意味で用いる。エトワス
※己が罪(1899‐1900)〈菊池幽芳〉後「そこに何か見る事の出来ぬ或物(サムシング)があるやうな気がするのは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サムシングの関連情報