サモ国(読み)サモこく(英語表記)Samova říše

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモ国
サモこく
Samova říše

最古のスラブ人の国家 (623~658) 。建国者サモ (?~658頃) の名を取ってサモ国と呼ばれる。サモはフランク王国の商人出身で,623年アバール人に対するスラブ人の反乱を指導して一躍名声をはせ,631年にはフランク王ダゴベルト1世と戦ってこれを撃退した。サモ国の中心はモラビアと推定され,その威勢はボヘミアカリンチアに及んだ。サモの死後まもなく滅んだが,のちの大モラビア国の基礎をなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android