コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヤヌカグサ Leersia oryzoides (L.) Swartz ssp.sayanuka (Ohwi) T.Koyama

世界大百科事典 第2版の解説

サヤヌカグサ【Leersia oryzoides (L.) Swartz ssp.sayanuka (Ohwi) T.Koyama】

低地の湿地や水辺にやや普通にみられる細長いイネ科の多年草(イラスト)。その小穂の花穎(かえい)がイネのもみ殻つまり〈さやぬか〉に似ているからサヤヌカグサの和名がある。茎は細長く,下部は横にはって枝分れしながら上部は立ち上がり,高さは70cmに達する。節には逆向きの剛毛が生えている。葉は幅広い線形で,長さは10cm内外,幅は1cm弱で,やや軟質,基部は長い鞘(さや)になる。夏から秋にかけて茎や枝の先に円錐花序を出すが,ふつう花序の基部は葉鞘(ようしよう)内にあり,閉鎖花をつけている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サヤヌカグサ
さやぬかぐさ / 鞘糠草
[学]Leersia sayanuka Ohwi

イネ科の多年草。根茎は横にはう。稈(かん)は高さ約50センチメートル、分枝して斜上する。葉は線状披針(ひしん)形で長さ10センチメートル、幅1センチメートル、表裏両面ともざらつく。8~10月、稈頂に長さ約10センチメートルの円錐(えんすい)花序をつける。分枝は細く、先端は垂れ下がる。花序の基部は葉鞘(ようしょう)に包まれて、閉鎖花になることが多い。小穂は線状長楕円(ちょうだえん)形で左右扁平(へんぺい)、長さ約6ミリメートル、短い縁毛があり、イネの籾(もみ)に似る。包穎(ほうえい)は退化する。水田や湿地に群生し、北海道南西部から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、イネに似ながら米がとれず、籾殻しかないためについた。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サヤヌカグサの関連キーワード白葉枯病

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android