コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヤヌカグサ Leersia oryzoides (L.) Swartz ssp.sayanuka (Ohwi) T.Koyama

2件 の用語解説(サヤヌカグサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サヤヌカグサ【Leersia oryzoides (L.) Swartz ssp.sayanuka (Ohwi) T.Koyama】

低地の湿地や水辺にやや普通にみられる細長いイネ科の多年草イラスト)。その小穂の花穎(かえい)がイネのもみ殻つまり〈さやぬか〉に似ているからサヤヌカグサの和名がある。茎は細長く,下部は横にはって枝分れしながら上部は立ち上がり,高さは70cmに達する。節には逆向きの剛毛が生えている。葉は幅広い線形で,長さは10cm内外,幅は1cm弱で,やや軟質,基部は長い鞘(さや)になる。夏から秋にかけて茎や枝の先に円錐花序を出すが,ふつう花序の基部は葉鞘(ようしよう)内にあり,閉鎖花をつけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サヤヌカグサ
さやぬかぐさ / 鞘糠草
[学]Leersia sayanuka Ohwi

イネ科の多年草。根茎は横にはう。稈(かん)は高さ約50センチメートル、分枝して斜上する。葉は線状披針(ひしん)形で長さ10センチメートル、幅1センチメートル、表裏両面ともざらつく。8~10月、稈頂に長さ約10センチメートルの円錐(えんすい)花序をつける。分枝は細く、先端は垂れ下がる。花序の基部は葉鞘(ようしょう)に包まれて、閉鎖花になることが多い。小穂は線状長楕円(ちょうだえん)形で左右扁平(へんぺい)、長さ約6ミリメートル、短い縁毛があり、イネの籾(もみ)に似る。包穎(ほうえい)は退化する。水田や湿地に群生し、北海道南西部から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、イネに似ながら米がとれず、籾殻しかないためについた。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サヤヌカグサの関連キーワード隔世遺伝帯化足長蜘蛛家蠅血吸蛭立壺菫立柳沼大根山藺内有毛細胞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone