籾殻(読み)もみがら

精選版 日本国語大辞典「籾殻」の解説

もみ‐がら【籾殻】

〘名〙 を包んでいる外皮。籾米をついて玄米を得たあとに残る。焼いて肥料にしたり、畑作物の防寒用に用いたりするほか、卵・果物などを箱詰にする際の込め物にも使う。あらぬか。すりぬか。もみ。《季・秋》
※俳諧・文化句帖‐二年(1805)閏八月「殻の秋のさま也草の雨」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「籾殻」の解説

もみ‐がら【×籾殻】

の実の外皮。籾米をついて玄米を得たあとの殻。あらぬか。すりぬか。もみ。
[類語]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android