サラバンの生涯と冒険(読み)さらばんのしょうがいとぼうけん(英語表記)Vie et Aventure de Salavin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラバンの生涯と冒険
さらばんのしょうがいとぼうけん
Vie et Aventure de Salavin

フランスの作家デュアメルの連作小説。『深夜の告白』(1920)、『ふたりの男』(1924)、『サラバンの日記』(1927)、『リヨネー・クラブ』(1929)、『あるがままに』(1932)の5巻によって構成されている。主人公サラバンは、パリに住む一介の勤め人で、対談中の社長の耳たぶを引っ張るという無償の行為によって、自らの自由を確認しようとする。彼はつねに求道者としての道を歩むが、聖徒としての修行に挫折(ざせつ)すると、今度は社会主義者たちのクラブに入る。しかし彼の会った社会主義者たちは功利的、観念的な人たちで、結局クラブはスパイの密告によって壊滅する。妻に書置きを残して家出した彼は、アフリカのチュニスでレコード代理店を営みながら、更生生活を試みる。サラバンが雇った土地の青年は殺人を犯し、サラバンは青年を救おうとして身を挺(てい)して、覚悟の凶弾を受ける。瀕死(ひんし)のままパリに送られた彼は、清らかな目で死んでいく。[土居寛之]
『木村太郎訳『サラヴァンの生涯と冒険』全4巻(1942~50・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

サラバンのしょうがいとぼうけん〔‐のシヤウガイとボウケン〕【サラバンの生涯と冒険】

《原題、〈フランス〉Vie et aventures de Salavinデュアメルの連作長編小説。1920年から1932年にかけて、「深夜の告白」「サラバンの日記」など全5巻を刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android