サルカンタイ山(読み)さるかんたいさん(英語表記)Nevado de Salcantay

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルカンタイ山
さるかんたいさん
Nevado de Salcantay

南アメリカ、ペルー・アンデス南部のビルカバンバ山脈中にある山。標高6271メートル。ウルバンバ川とアプリマク川の深い谷の間にそびえる。古生代末ないし中生代に貫入した深成岩よりなる急峻(きゅうしゅん)な岩峰で、頂部には万年雪を頂く。インカ帝国の中心都市クスコの西北西約70キロメートルに位置し、北麓(ほくろく)にあるマチュ・ピチュ遺跡をはじめ、周辺にはインカの遺跡が多い。1914年アメリカ人H・ビンガムらにより初登頂された。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

サルカンタイ‐さん【サルカンタイ山】

Salcantay》南アメリカ、ペルー南部、アンデス山脈に属するビルカバンバ山脈の最高峰。標高6271メートルで山頂部は万年雪に覆われる。クスコの北西約70キロメートルに位置、山裾にマチュピチュをはじめインカ帝国時代の遺跡が点在しており、聖なる山とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android