コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルトノ Sartono

世界大百科事典 第2版の解説

サルトノ【Sartono】

1900‐68
インドネシア民族主義運動の指導者,政治家。中部ジャワのウォノギリに生まれ,オランダに留学して1926年ライデン大学法学部を卒業。留学中から民族主義運動に加わり,インドネシア協会の書記をつとめたが,帰国後はスカルノと行動をともにし,27年のインドネシア国民党の結成に参加した。29年にスカルノが逮捕投獄されると,国民党の解散宣言を行って新たにインドネシア党を結成したが,以降,この解党主義を批判するシャフリル派との対立を深めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

サルトノ
Sartono


1900 - 1968
インドネシアの民族主義運動指導者。
元・インドネシア国民協議会議長。
中部ジャワ・ウォノギリ生まれ。
オランダに留学中から民族主義運動に参加し、インドネシア協会の書記を務め、帰国後はスカルノと行動を共にし、1927年インドネシア国民党の結成に参加した。’29年スカルノが逮捕投獄されると、国民党を解散し、新たにインドネシア党を結成した。’31年スカルノが釈放されると、スカルノを党主に迎え、ナンバーツーになった。日本軍政中はプートラの組織部長、中央参議院議員を務め、独立後は国務大臣、国民協議会議長などを歴任した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

世界大百科事典内のサルトノの言及

【パルティンド】より

…正式名称はインドネシア党Partai Indonesia。オランダ植民地政庁による投獄でスカルノらの最高指導部を失ったインドネシア国民党のうち,党を解散して新たな組織で国民党の衣鉢を継ごうとする副委員長サルトノら党内多数派によって,1931年に結成された。対オランダ非協力と大衆運動を通じた民族独立の達成,という国民党の基本路線を継承し,人民の政治的権利の拡大と経済生活の向上,民主主義の原則に基づく人民政府の樹立のために闘うことを掲げた。…

※「サルトノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サルトノの関連キーワードピテカントロプスパルティンドジャワ原人

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サルトノの関連情報