コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワ sawah

世界大百科事典 第2版の解説

サワ【sawah】

インドネシア語,マレー語およびジャワ語など多くのインドネシア系地方語で〈水田〉を意味する語。インドネシアの水田耕作は,とくにジャワ,バリの火山山麓地帯で古い歴史をもち,独自の稲作文化を発達させてきた。7世紀以後この地域に興隆した諸王朝の多くは,水田稲作生産力を物質的基礎としていたと考えられている。また,バリ島における河川灌漑の展開は,スバクsubakと呼ばれる独特の水利共同体の発展を伴ったことで知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サワの関連キーワードポテトチップス リッチカットヤマアジサイ(山紫陽花)サワーコーポレーション沢村 田之助(4代目)アイスブレーカーズセーターティラートフランスパン工房スーパースター★スティックポテトキクザトアオヘビヒランダル修道院インドネシア語ワサビ(山葵)シデ(四手)佐波阿良々岐佐波阿良々歧ソンバトヘイ新田翔次郎沙和あい子聖サワ教会

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サワの関連情報