コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンガオ洞穴 サンガオどうけつSanghao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンガオ洞穴
サンガオどうけつ
Sanghao

パキスタン,マルダンの北北東約 34kmにあるサンガオ村付近のパルコ・ダラ洞穴遺跡をいう。 1963年に A.H.ダニが調査した。洞穴の内外に5期にわたる文化層が認められ,I~III期が旧石器時代,IV・V期は歴史時代に属する。I期の石器は石英製の剥片石器が主であるが,石核石器,片岩製のものもある。各種の石核やハンマーストーンのほか,スクレーパーグレーバー,ポイント,小型の握斧,石刃などで,II期以降大きさ,数量が減少し,III期には細石刃が出現する。ソアン後期,インドの中期石器時代と対比される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンガオ洞穴の関連キーワード彩層チャンダンナガルトバゴ[島]南京ヤンゴンキュランダアルダブラ環礁シュコツィアン洞窟群マッコーリー島イギリス海峡

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android