コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石核石器 せっかくせっきcore-tool

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石核石器
せっかくせっき
core-tool

打製石器の一種。打製石器は基本的に石核石器剥片石器とに大別することができる。後者は石材外面を次々に打剥した剥片を石器として用いる。したがって石材の中心部 (石核 ) は原則的に残核として放棄される。これに対し,石核石器は石材の外面を打剥加工して成形し,石核を石器に仕上げる。したがってこのとき生じる外面の剥片は原則として石屑である。礫器はその原初的なものであるし,石材の両面を成形加工した握斧は石核石器を代表する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せっかく‐せっき〔セキカクセキキ〕【石核石器】

打製石器の一種。石核から仕上げた石器。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石核石器【せっかくせっき】

打製石器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せっかくせっき【石核石器】

石核を材料としてつくった石器。核石器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の石核石器の言及

【石器】より

…装飾品や玉類には硬い碧玉,硬玉が,ときには磨製石斧に硬い安山岩や斑レイ岩が用いられることもある。 また打製石器には,石材の芯の部分を残すようにしてつくる石核石器と,剝いだ剝片を利用する剝片石器の二つの系列がある。前期旧石器時代の石器類はおもに石核石器であるが,後期旧石器時代には剝片石器が盛んに作られ,特殊な剝片である石刃を効率よく生産する方法,いわゆる石刃技法を編みだす。…

※「石核石器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石核石器の関連キーワードプレ・プロジェクタイル・ポイント文化サンガオ洞穴アラゴ遺跡全谷里遺跡周口店遺跡丁村遺跡ブルイユ原人類狩猟

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android