コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンクルー窯 サンクルーようSaint-Cloud porcelain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンクルー窯
サンクルーよう
Saint-Cloud porcelain

1675頃~1773頃ベルサイユ宮殿近くのサンクルーにあった陶磁器窯。初期には軟陶を焼いていたが,1670年代に工場主 P.チカノーが軟質磁器の焼成に成功。素地は肌目の細かいやや黄色みを帯びた白色で,透明度の高い釉 (うわぐすり) がかかっているのが特色。 1730年代よりマイセン磁器写しを行い,特に柿右衛門様式の作品にすぐれた。この窯の軟質磁器の技法はフランスの磁器に大きな指針を与え,多くの軟質磁器工場を生み出す動機となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンクルー窯の関連キーワードモーツァルトニュートン(Sir Isaac Newton)ミレスクスピノザ談林十百韻山鹿素行光の科学史天文学史(年表)サルデーニャ王国ロシア文学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android