コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタポリナーレヌオボ聖堂 サンタポリナーレヌオボセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンタポリナーレ‐ヌオボ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタポリナーレヌオボ聖堂】

Basilica di Sant'Apollinare Nuovo》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ラベンナにある教会。5世紀末、東ゴート王国のテオドリック大王によりアリウス派の教会として建造。6世紀半ばに東ローマ帝国への編入後、異端とされたアリウス派の装飾などが修正された。内部にはキリストの生涯や殉教者を描いた荘厳なモザイクがあり、初期キリスト教美術の傑作として知られる。1996年、「ラベンナの初期キリスト教建築群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンタポリナーレヌオボ聖堂の関連キーワードアジア生産性機構OSサンタポリナーレインクラッセ聖堂サンタントニオ聖堂サンタンブロージョ聖堂アポ山変朽アポグラフィック組織岩枝アポエンドキネマテイック結晶作用

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android