コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタポリナーレヌオボ聖堂 サンタポリナーレヌオボセイドウ

1件 の用語解説(サンタポリナーレヌオボ聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンタポリナーレ‐ヌオボ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタポリナーレヌオボ聖堂】

Basilica di Sant'Apollinare Nuovo》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ラベンナにある教会。5世紀末、東ゴート王国テオドリック大王によりアリウス派の教会として建造。6世紀半ばに東ローマ帝国への編入後、異端とされたアリウス派の装飾などが修正された。内部にはキリストの生涯や殉教者を描いた荘厳なモザイクがあり、初期キリスト教美術の傑作として知られる。1996年、「ラベンナ初期キリスト教建築群」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンタポリナーレヌオボ聖堂の関連キーワードOSバシリカサンジャウマ広場サンタンジェロ橋聖エルモ砦セントエルモ砦ガイナセサンタニオル書斎の聖アウグスティヌス聖アンナと聖母子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone