コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリアデレグラツィエ教会 サンタマリアデレグラツィエきょうかい

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタマリアデレグラツィエきょうかい【サンタマリアデレグラツィエ教会】

イタリア北西部の大都市ミラノ(Milano)の市街に建つ、15世紀に創建されたルネサンス様式の赤いレンガ造りの教会。スフォルツェスコ城の西にある。レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci、1452~1519年)の「最後の晩餐」のある教会として世界的に有名で、世界遺産に登録されている。また、1466~1490年の間に建てられたゴシック様式の聖堂がある。「最後の晩餐」は、ドメニコ会修道院の食堂に描かれた、縦4.2m、横9.1mの巨大な壁画で、レオナルドは1495年に制作に着手し、1498年に完成した。傷みがひどかったため20年あまりをかけて修復が行われ、1999年から全面公開されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

サンタマリアデレグラツィエ教会の関連キーワードオブレノビチ家山田亮平ツァンカルビュトールペインマッシンジャークランダル石東欧演劇ミラノミラノ・コレクション

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android