コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリアデレグラツィエ教会 サンタマリアデレグラツィエきょうかい

1件 の用語解説(サンタマリアデレグラツィエ教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタマリアデレグラツィエきょうかい【サンタマリアデレグラツィエ教会】

イタリア北西部の大都市ミラノ(Milano)の市街に建つ、15世紀に創建されたルネサンス様式の赤いレンガ造りの教会。スフォルツェスコ城の西にある。レオナルドダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci、1452~1519年)の「最後の晩餐」のある教会として世界的に有名で、世界遺産に登録されている。また、1466~1490年の間に建てられたゴシック様式の聖堂がある。「最後の晩餐」は、ドメニコ会修道院の食堂に描かれた、縦4.2m、横9.1mの巨大な壁画で、レオナルドは1495年に制作に着手し、1498年に完成した。傷みがひどかったため20年あまりをかけて修復が行われ、1999年から全面公開されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタマリアデレグラツィエ教会の関連キーワードサンレモミラノミラネーゼスピガ通りナビリオビラ・オルモメルカンティ広場モンテナポレオーネ通りラ・ピーニャミラノ風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone