コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツァンカル ツァンカルCankar, Ivan

3件 の用語解説(ツァンカルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツァンカル
ツァンカル
Cankar, Ivan

[生]1876.5.10. ブルフニカ
[没]1918.12.11. リュブリャナ
スロベニアの詩人,小説家,劇作家。青年時代ウィーンに留学し,その後も長年ウィーンで生活した。処女詩集『エロチカ』 Erotika (1899) ,小説『外国人たち』 Tujci (1901) ,『ミランとミレナ』 Milan i Milena (13) ,戯曲『国民の幸福のために』 Za narodov blagor (01) などが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツァンカル【Ivan Cankar】

1876‐1918
ユーゴスラビアの文学者。スロベニアの生れ。ウィーンで工芸を学ぶが身につかず,ジャーナリズムと文芸に転じる。処女詩集《エロチカ》(1899)はあまりにも反社会的だとして,リュブリャナの司教にすべて焼却された。多くの短編,中編,戯曲,政治的文書を著したが,代表作は,少女の心理を洞察した《マリア養護施設》(1904)と社会悪を暴いた《下男イェルネイと正義》(1907)。モダニズムを導入してスロベニア現代文学の開祖となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツァンカル
つぁんかる
Ivan Cankar
(1876―1918)

スロベニアの小説家、劇作家。リュブリャーナ工業学校を卒業後、ウィーンの工科大学に進むが中退し、創作に専心。最初は詩人として出発したが、のち散文に転じた。蒲柳(ほりゅう)の質のうえ酒に耽溺(たんでき)、困窮の生活を異郷の地で送るが、人間の善性を信じ、正義感にあふれ、抑圧された人々の側にたち、社会悪に対して鋭い批判を浴びせた。辛辣(しんらつ)な風刺と豊かな叙情性に満ちた短編連作を得意とし、同時代の社会を力強い筆致で描いた。小説『異邦人』(1901)、『斜面にて』(1902)、『マルチン・カチュール』(1906)、未完の自伝小説『わが生活』(1914)、戯曲『召使たち』(1910)などは評価が高い。[栗原成郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のツァンカルの言及

【ユーゴスラビア】より

…また言語の統一とともに各民族間の文学交流が生まれた。とくに20世紀に入ってから,アンドリッチらが編集した《南方文芸》(1918-19)にツァンカルクルレジャらも寄稿して,南スラブ諸族の文化的・文学的な協働が始まった。 20世紀に入って1918年には南スラブ諸族の統一国家ユーゴスラビアが成立するが,この20世紀の文学はスロベニアのモダニズム運動で幕をあける。…

※「ツァンカル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ツァンカルの関連キーワード秋月の乱スラブ音楽ロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩熔岩リットン報告書大田黒伴雄神風連の乱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツァンカルの関連情報