コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルネサンス様式 ルネサンスようしき

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ルネサンスようしき【ルネサンス様式】

15~17世紀初頭に、イタリアを中心に広くヨーロッパに普及した建築・美術様式。古代ギリシャ・ローマ様式を復興させ、建築ではシンメトリー(左右対称)とバランス(調和)を重視した。大理石の床、円柱アーチ、絵画や彫刻で飾った壁、コーニスを施した外壁などが特徴。家具も彫刻や象嵌(ぞうがん)などで豪華に飾られた。イタリアのフィレンツェ大聖堂バチカン市国サン・ピエトロ大聖堂、フランスのルーブル宮(現ルーブル美術館)、シャンボール城などが代表例。◇「ルネサンス」は「再生・復活」の意。「ルネッサンス様式」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

ルネサンス様式の関連キーワードブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像スピシュスケーポドフラディエムリーンスカーコロナーダホーエンチュービンゲン城オーベルジュドプロバンスティシュケビチュス宮殿ネオ・ルネサンス様式ネラホツェーヴェス城ビラファルネジーナサンランベール広場フレデリクスボー城モンテプルチアーノカルロス五世宮殿ヨハネスブルク城リューネブルクリトミシュル城ザモシチ旧市街チューダー様式レイリア大聖堂クロムベルク城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルネサンス様式の関連情報