コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタル族 サンタルぞくSantal

世界大百科事典 第2版の解説

サンタルぞく【サンタル族 Santal】

インドのビハール州南部を中心にオリッサ,西ベンガルにかけて居住する原住民部族。人口300万以上を数え(1961),山地の焼畑耕作部族と平地のヒンドゥー農民との中間地域をほぼ居住空間としている。ときにパレモンゴリーデの要素も指摘されるが,基本的には原オーストラロイド人種型を示す。固有の言語はサンターリー語Santaliであり,ムンダ族やオリッサ州山地部族民の言語とともにアウストロアジア語族に属する。サンタル族は,基本的には同じくチョタ・ナーグプル高原に住むオラオン族やムンダ族などとほぼ同じ水準・内容の文化をもつ部族民であるが,とりわけその部族主義的傾向で知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサンタル族の言及

【オラオン族】より

…農閑期の出稼ぎや日雇労働も古くから盛んである。父系血縁関係にもとづく政治・社会組織,若者宿組織,アニミズム的信仰,巨石文化複合と結びつく祖先崇拝,予祝儀礼的狩猟など,同じ高原に住むムンダ族やサンタル族にほぼ等しい文化的特徴を示す。部族民としていわゆるカースト制度の枠外に位置しているが,ヒンドゥー教徒との社会的・宗教的交渉は古い時代にさかのぼる。…

※「サンタル族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サンタル族の関連キーワードチョタ・ナーグプル高原インドの言語

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android