コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部族主義 ぶぞくしゅぎtribalism

翻訳|tribalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

部族主義
ぶぞくしゅぎ
tribalism

共通の言語,宗教,文化遺産などによって結合された集団である自己の部族に対し,最高の忠誠を排他的に付与する集団的態度ないしは精神。政治発展の観点からは民族主義の先行物とみなされるばかりか,しばしば,より高次の民族主義の形成を阻害する精神形態,政治運動とみなされる。特にアフリカの旧植民地新興国の多くが国民国家に成長する過程の最大の障害物としてあげられる。またより広義の比喩として,偏狭な民族主義的態度などを非難する場合にも用いられる。 (→ナショナリズム )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

部族主義の関連キーワードアフリカ文学サンタル族イラク戦争ルムンバサビンビロベルトサンタルマウマウゲーザネト