サント・マリー・マドレーヌ聖堂[パリ](読み)サント・マリー・マドレーヌせいどう[パリ](英語表記)Église de la Madeleine, Ste-Marie-Madeleine, Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サント・マリー・マドレーヌ聖堂[パリ]
サント・マリー・マドレーヌせいどう[パリ]
Église de la Madeleine, Ste-Marie-Madeleine, Paris

パリにある 19世紀フランス新古典主義の代表的建築。最初,1764年にラテン十字プランをもつ聖堂建築として設計起工されたが,工事は未完のまま中断。 1806年ナポレオンにより,P.ビニョンの設計に従ってフランス軍戦勝記念堂 Temple de la Gloireに変更された。しかし,ナポレオン没落後,J.ユベーによって再び聖堂に変更されフィリップ治世下の 42年完成。コリント式円柱,フリーズ,破風彫刻などを有する古代グレコ=ローマン様式の円柱式神殿の形式に従った建築。戦勝記念堂としては凱旋門が取って代った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android