コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンドラルス Cendrars, Blaise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンドラルス
Cendrars, Blaise

[生]1887.9.1. スイス,ラショードフォン
[没]1961.1.21. パリ
フランスの詩人,小説家。本名 Frédéric Sauser。 16歳で学業を捨てさまざまな職につきながら世界を遍歴,1912年アメリカから帰国して詩集『ニューヨークの復活祭』 Les Pâques à New Yorkを出版。広大な世界を駆けめぐる冒険から生れる幻惑と憂愁を,めまぐるしいイメージに表現して,アポリネールらに影響を与えた。その他,詩集『シベリア鉄道とフランスの少女ジャンヌの散文』 La Prose du Transsibérien et de la petite Jehanne de France (1913) ,詩的小説『黄金』L'Or (25) ,『ラム』 Rhum (30) ,回想記『切られた手』 La Main coupée (46) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のサンドラルスの言及

【サンドラール】より

…スイス国籍のフランスの作家。サンドラルスと表記されることもあるが正しくない。16歳で学業を放棄し,ロシア・極東を手始めに世界各地を放浪,その間,さまざまな職種・事業を転々として,極貧と新興成金の両端を往復する〈危険な暮し〉の燃焼に明け暮れた。…

※「サンドラルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンドラルスの関連キーワードサンドラール

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android