コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンペトロニオ聖堂 サンペトロニオセイドウ

2件 の用語解説(サンペトロニオ聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンペトロニオ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンペトロニオ聖堂】

Basilica di San Petronio》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ボローニャにあるゴシック様式の教会。14世紀末、アントニオ=ディ=ベンチェンツィオの設計により着工され、17世紀半ばまで建設が続けられたが、ファサード上部は今もなお未完成。ヤコポ=デッラ=クエルチャによる正面入口の上部を飾る聖人像、聖母子像は初期ルネサンス彫刻の傑作として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンペトロニオせいどう【サンペトロニオ聖堂】

イタリア北部、古都ボローニャ(Bologna)の中心のマッジョーレ広場(Piazza Maggiore)にある、ゴシック様式の教会。ボローニャの守護神として信仰を集めてきた聖ペドロニオに捧げる教会として、14世紀末から15世紀にかけて建設された。初期イタリアルネサンスの彫刻家ヤコポ・デラ・クエルチア(1374~1438年)の「聖母とキリスト」の彫刻が有名である。世界で一番大きな教会として着工したが、ときのローマ教皇バチカンサンピエトロ大聖堂よりも大きな教会をつくることを許さず、計画にあった建物の両翼部分の建設が取りやめになったというエピソードがある。この建物は、今なお未完成である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンペトロニオ聖堂の関連キーワードボローニャボローニャソーセージアルキジンナジオ宮殿エミリアロマーニャエンツォ王宮殿バーニャカウダボローニャの斜塔マッジョーレ広場ラ・ピーニャボローニャ市立劇場管弦楽団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone