サンミッシェル大聖堂(読み)サンミッシェルダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンミッシェル‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【サンミッシェル大聖堂】

Cathédrale St. Michel》ベルギーの首都、ブリュッセルの中心部にあるゴシック様式の聖堂。13世紀から15世紀にかけて建造された。1516年のカール5世戴冠式のほか、ベルギー国王ボードワン1世在位1951~1993)、およびアルベール2世(在位1993~)の長男フィリップ皇太子の結婚式が行われた。美しいステンドグラスで有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンミッシェルだいせいどう【サンミッシェル大聖堂】

ベルギーの首都ブリュッセルの市街中心部にある、高さ69mの2つの塔を持ったゴシック様式の聖堂。1962年に大聖堂に昇格したが、古くは「サントギュデュル教会」と呼ばれていた。ブリュッセル中央駅の北側、同駅やグランプラスから徒歩約6分ほどの場所にある。1226年に着工し、約300年後の15世紀の終わりに完成した。その荘厳な建物とともに、1200に及ぶステンドグラスが有名である。このステンドグラスはルネサンス期の16世紀のものである。神聖ローマ皇帝カール5世(1500~1558年)の戴冠式は1516年、この大聖堂で行われたほか、現ベルギー王室とのつながりが深く、前国王のボードワン1世(在位1951~1993年)や、1992年には現国王のアルベール2世(在位1993年~)の長男のフィリップ皇太子の結婚式も、この聖堂で行われている。聖堂内には宝物室がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android