コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ビターレ教会 サンビターレきょうかい

百科事典マイペディアの解説

サン・ビターレ教会【サンビターレきょうかい】

イタリアのラベンナにある集中式プランの教会堂。San Vitale。ドームをもつ八角堂で,536年―547年に建立された。内部のユスティニアヌス1世とテオドラ妃や旧約聖書の場面を描いた華麗なモザイクはビザンティン美術の代表的作品として知られる。
→関連項目サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂モザイク(工芸)ラベンナラベンナの初期キリスト教建築物群

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のサン・ビターレ教会の言及

【ラベンナ】より

…イタリア中北部,エミリア・ロマーニャ州の同名県の県都。人口13万7600(1980)。アドリア海から約10km内陸に位置。古代ローマ時代には,海岸に沿ったローマ道上にある軍事上の要地であった。402年,ミラノにかわって西ローマ帝国の首都となり,476年に帝国を倒したオドアケル,493年に彼を破ったテオドリック大王もここを都とした。540年,ユスティニアヌス1世(大帝)が攻略し,ビザンティン帝国の主要都市となる。…

※「サン・ビターレ教会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サン・ビターレ教会の関連キーワードユスティニアヌス[1世]

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android