コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ビターレ教会 サンビターレきょうかい

1件 の用語解説(サン・ビターレ教会の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サン・ビターレ教会【サンビターレきょうかい】

イタリアのラベンナにある集中式プラン教会堂San Vitaleドームをもつ八角堂で,536年―547年に建立された。内部のユスティニアヌス1世とテオドラ妃や旧約聖書の場面を描いた華麗なモザイクビザンティン美術の代表的作品として知られる。
→関連項目サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂モザイク(工芸)ラベンナラベンナの初期キリスト教建築物群

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のサン・ビターレ教会の言及

【ラベンナ】より

…イタリア中北部,エミリア・ロマーニャ州の同名県の県都。人口13万7600(1980)。アドリア海から約10km内陸に位置。古代ローマ時代には,海岸に沿ったローマ道上にある軍事上の要地であった。402年,ミラノにかわって西ローマ帝国の首都となり,476年に帝国を倒したオドアケル,493年に彼を破ったテオドリック大王もここを都とした。540年,ユスティニアヌス1世(大帝)が攻略し,ビザンティン帝国の主要都市となる。…

※「サン・ビターレ教会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サン・ビターレ教会の関連キーワードラベンナイタリアンインテリアプランナープランナーイタリアンカジュアルガッラプラチーディア廟墓サンビターレ聖堂ショッププランナーテオドリック廟ネオニアーノ洗礼堂

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone