八角堂(読み)はっかくどう

  • はっかくどう ‥ダウ
  • はっかくどう〔ダウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八角円堂ともいう。平面が八角形の仏堂。日本建築は木材を主材料とするため,方形の平面形が主で,多宝塔の塔身が円形であるほかは六角,八角のものはまれである。現存する代表的な遺構に,天平 11 (739) 年造立の法隆寺東院夢殿と天平宝字4~8 (760~764) 年に建築されたと推定される栄山寺八角堂などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 八角形に建てた宝形造りの仏堂。法隆寺の夢殿、興福寺の北円堂・南円堂など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android