コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八角堂 はっかくどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八角堂
はっかくどう

八角円堂ともいう。平面が八角形仏堂。日本建築は木材を主材料とするため,方形の平面形が主で,多宝塔の塔身が円形であるほかは六角,八角のものはまれである。現存する代表的な遺構に,天平 11 (739) 年造立の法隆寺東院夢殿天平宝字4~8 (760~764) 年に建築されたと推定される栄山寺八角堂などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はっかくどう【八角堂】

壁面を八角形にした宝形ほうぎよう造りの仏堂。法隆寺の夢殿、興福寺の北円堂など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

八角堂の関連キーワード港町ヴィレムスタット歴史地域五條市立五條文化博物館カラト・セマーン修道院奈良県五條市小島町サン・ビターレ聖堂サン・ビターレ教会カロリング朝美術アーヘン大聖堂ビザンチン建築ヘルブルン宮殿奈良県五條市栄山寺行宮跡西新井大師五條(市)バーミアン観音菩薩蓮華峰寺八角円堂アーヘン森万里子

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八角堂の関連情報