サン・ビクトール学派(読み)サンビクトールがくは

世界大百科事典 第2版の解説

サンビクトールがくは【サン・ビクトール学派】

パリ郊外のサン・ビクトールSt.Victor修道院(1113建立)に隠退して神秘神学の確立につとめたギヨーム・ド・シャンポーのもとに集まった人々,およびそこに形成された学統を総称する用語。フーゴーリカルドゥスらがその代表。この学派はたんに神秘主義を重んじただけでなく,哲学と神学の総合をめざしてこれにふさわしい神秘神学を構築したことで,12世紀の神学興隆の一翼をになった。フーゴーはアリストテレスに従って経験からの抽象という自然的認識をおき,これによって理性優位をみとめたのちに,神観想における精神の上昇を示して信仰を高次のものへと向かわせる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサン・ビクトール学派の言及

【ギヨーム・ド・シャンポー】より

…すなわち,最初は同じ種に属する個物はみな実体的に同一であるとの説をとっていたが,それはつきつめれば汎神論になるのではないかとの批判を受けて,同一とは本質のことではなく差別がないという意味だとこたえ,いわゆる無差別説を主張した。ギヨームは論争に敗れてサン・ビクトール修道院に退き,のちにルイ6世によって建てられたサン・ビクトール学院の基礎づくりに励んだ(サン・ビクトール学派)。著書に《典礼論》《キリスト教徒とユダヤ教徒の対話》《問題集》など。…

※「サン・ビクトール学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android