コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ブノア・シュル・ロアール Saint‐Benoît‐sur‐Loire

世界大百科事典 第2版の解説

サン・ブノア・シュル・ロアール【Saint‐Benoît‐sur‐Loire】

フランス中部,ロアレ県にあるロアール川沿いの小村。人口約1800。7世紀中ごろこの地にフルリーFleury修道院が開かれた。672年モンテ・カシノからベネディクトゥス(サン・ブノア)の遺骨がもたらされ,キリスト教世界の要地となった。院長テオドゥルフThéodulfにより創設された学校では10~13世紀に年代記が書きつがれ,また図書館はその蔵書を誇った。修道院付属教会は,11世紀初め玄関鐘塔が建設され,内部の柱頭はロマネスク彫刻の開幕を告げるもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サン・ブノア・シュル・ロアールの関連キーワードジャコブ(Max Jacob)ジェルミニー・デ・プレマックス ジャコブジャコブ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android