ベネディクトゥス(英語表記)Benedictus

翻訳|Benedictus

百科事典マイペディアの解説

ベネディクトゥス

ラテン語Benedictus(〈賛えられてあれ〉の意)で始まるキリスト教典礼文。(1)ミサの三聖唱のうち〈主のみ名によりてきたりたもう者は祝せられたまえ〉。(2)バプテスマヨハネの命名の際のザカリアの頌歌(《ルカによる福音書》1:67以下)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ベネディクトゥス【Benedictus】

480頃~543頃) ベネディクト修道会の創立者。中部イタリアのヌルシアの人。529年頃モンテ-カシーノに修道院を設立。服従・清貧・貞潔を旨とする会則を定め、西方教会の修道院制度を確立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ベネディクトゥス

(Benedictus) 五世紀から六世紀のイタリアの修道者。西方教会修道院制度の設立者。ヌルシア生まれ。五二九年モンテカシノにベネディクト修道会を設け、修道会制度の基礎を固めた。カトリック教会の聖人とされ祝日は三月二一日、七月一一日。通称ヌルシアのベネディクトゥス。英語名ベネディクト。(四八〇‐五四七頃

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベネディクトゥスの関連情報