サーキットブレーカー(英語表記)circuit breaker

翻訳|circuit breaker

会計用語キーワード辞典の解説

乖離率が一定の水準よりも大きくなったときや、株式相場の大きな変動があったときに、証券取引所が一定のルールに基づいて発動する、取引の一時中断措置のことです。先物価格の過度の変動や先行を抑えるとともに、投資者の不安心理をを鎮め、冷静な投資判断を促すことを目的としています。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

知恵蔵miniの解説

株式相場が大きく変動した時などに、証券取引所が相場を安定させるために取引を一時中断する措置のこと。「遮断機(Circuit Breaker)」から派生した言葉で、サーキットブレーカー制度ともいう。大目的として、市場の混乱を回避する、投資家に冷静な判断を促すという二つがある。1987年10月19日にニューヨークダウ平均が1日で20%下落した「ブラックマンデー」の後、米国提唱・導入され、各国の証券取引所にも導入された。サーキットブレーカーが発動されることは滅多にないが、2008年のリーマンショック後には世界各国の証券取引所で頻発された。この後、各国の証券取引所でサーキットブレーカーを発動する基準が個々に改変されている。中国では15年1月4日より導入され、同日、CSI300指数(上海証券取引所およびシンセン証券取引所上場のA株、300銘柄で構成される、中国の株価を代表する指数)が7%下落し、サーキットブレーカーが初めて発動された。

(2015-1-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーキットブレーカーの関連情報