サービス社会(読み)サービスしゃかい

世界大百科事典 第2版の解説

サービスしゃかい【サービス社会】

物財の生産がその経済活動の中心にある社会(とりわけ工業社会)に比べて,知識・情報,非物質的便益の生産が中心的な重みをもつ社会を指す。そのかぎりで脱工業社会,情報化社会などという用語と相互に代替することもできる。したがって,その社会の産業構造はクラーク分類による第3次産業が中心的な比重をもち,また職業構造の面では広義ホワイトカラー(管理的職業従事者,専門的・技術的職業従事者,事務従事者,さらに販売従事者)が大きな比率を占める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サービス社会の関連情報